フラワーゼリーの味はまずい?作り方や道具を調査!

スポンサーリンク

先日「ぶらり途中下車の旅」という番組でも紹介されていたフラワーゼリー

少し前から流行りだしているようですが、味がまずいという情報も!

 

 

実際フラワーゼリーの味はどのようなものなのでしょうか?

その作り方や道具も含めて調査してみましたよ( ´ ▽ ` )

フラワーゼリーとは

まず、フラワーゼリーとはなんでしょうか?

名前を聞く感じだと、花の形をしたゼリーや花を入れて固めたゼリーを想像します。。

調べてみると、発祥はなんと南米のペルーだとか。

お祝いの時などに大きなフラワーゼリーを作ってみんなで食べるようですね(o^^o)

ちなみに見た目はこんな感じです♪

とてもカラフルでキレイですね。

プレゼントにしても喜ばれそうな見た目です。

しかし、いったいどのようにできているのか、見ただけではよくわかりません( ̄▽ ̄)

とても複雑な作りに見えますね。。

フラワーゼリーの味はまずい?

見た目がとてもカラフルでキレイなフラワーゼリー♪

しかし、そんな見た目とは違って味はまずいなどといわれています( ̄▽ ̄)

確かに美味しそうな見た目ではないかもしれません。。

どちらかというと観賞用(^_^;)?

実際にフラワーゼリーを食べた人の感想などを見ていると、美味しいと言っている人とまずいと言っている人がいるようでした。

フラワーゼリーの味は、基本的に砂糖のみです。

あとは牛乳の味でしょうか。

なので、一般的なフルーツゼリーなどと比べると、まずいと感じる人もいるのかもしれませんね( ´△`)

 

 

ただ思っているよりも評価が高い人が多いので、作り方や味付け次第ではとても美味しく仕上がりそうです♪

味よりも見た目重視で作られることが多いので、一度基本的なことを覚えてから、自分に合った味を極めていくのもいいかもしれません(o^^o)

フラワーゼリーの作り方!

それでは次に、気になるフラワーゼリーの作り方を見てみましょう☆

フラワーゼリーの作り方は、言葉で説明するよりも動画を見たほうがわかりやすいですね( ̄▽ ̄)

最後に裏返して確認するときはドキドキしそう(≧∇≦)

透明のゼリーの中に、注射器で色のついたゼリーを注入し、花を咲かせていくようです♪

簡単だけど地味な作業を繰り返すことによって、こんなキレイな花が作れるんですね( ´ ▽ ` )

 

 

ちなみに、フラワーゼリーの作り方を教えてくれる教室なんかもあるようです。

そして教室で教えたりするための、フラワーゼリー認定講師の資格もたった4時間で取れるとか。

 

 

動画やレシピサイトなどを使ってある程度は作れるようになれそうですが、一度基礎から応用までをしっかり学んでおくと、その後いろいろと活かせそうですね(o^^o)

フラワーゼリーに必要な道具は?

それでは次に、フラワーゼリーを作るために必要な道具についてみていきましょう☆

基本的に必要な道具は、先の細い注射器ヘラです。

ちなみに、注射器一本で全部作りあげる人もいるようです∑(゚Д゚)

注射器の先端に付けるヘラのようなものは付け替えができるようですね( ´ ▽ ` )

これらはセットで売っているようです。

葉っぱや花びらなど、場所によって先端を付け替えると簡単にキレイな模様ができます♪

 

 

フラワーゼリーを作るためのセットもあるようです(o^^o)

その他ゼリーの材料としてゼラチンや寒天などの凝固剤、水、砂糖と牛乳、そして色をつけるための食紅が必要となります。

 

 

そして、ゼリーを入れる透明の入れ物ですね( ^ω^ )

これは作りたいフラワーゼリーのサイズに合わせて用意します。

慣れてきたらいろんな道具を使って、オリジナルのゼリーを作ると楽しいでしょうね♪

専門書も既にあるようなので見てみると良いかもですね。

まとめ

ペルー発祥のゼリーである、フラワーゼリー☆

複雑で作るのも難しそうに見えますが、道具さえ揃えればそこまで難しくなさそうです( ´ ▽ ` )

 

 

どんどん暑くなるこれからの季節。

見た目にも涼しそうなこのフラワーゼリーを手作りしてプレゼントすれば、喜ばれることは間違いありません(o^^o)

 

 

味には好き嫌いがあるかもしれませんが、キレイで美味しいオリジナルのフラワーゼリーを作りだす楽しみができるかもしれませんね♪

お役立ち

Posted by moya


PAGE TOP