えとう窓口の嫁と子供|宗教の噂!実家と母親を調査!

九州の男性芸能人

えとう窓口の嫁と子供|宗教の噂!実家と母親を調査!

いわゆるスピード婚だったお二人ですが、そのプロポーズのタイミングは、出会いと同じく「劇的ビフォーアフター」とかかわりがあるものでした。

なんだか不思議なご縁を感じてしまいますね

 

ちなみに、婚姻届の承認には、相方のチャンカワイさんと二人を引き合わせた柴田達志さんがなったそうです。

子供さんについて

えとう窓口さんの子供さんの名前は、福之助くんです。

第一子が生まれた時は、嬉しそうにブログで紹介していました。

 

えとう窓口さんのツイッターの画像も福之助くんとのツーショットに変更されていて、福之助くんが大好きなのが伝わってきます。

 

2018年4月24日生まれの男の子で、丸いフォルムが可愛らしいです。

生まれた時の体重は3322g

平均が3000g位なので、大体平均、平均よりちょっとふっくらした感じなのかな、という印象ですね。

 

お嫁さんのご実家のご両親も福之助くんが生まれたので、今年、家康公の鎧兜を買ってくれていたそうです。

家族全体で福之助くんの成長を楽しみにしているのが伝わってきますね。

えとう窓口の嫁が宗教にはまっている?!その真相を紹介

えとう窓口の嫁が宗教にはまっている?!その真相を紹介

えとう窓口さんのお嫁さんが宗教にはまっている…という噂がありますが、そのような事実はないようです。

しかし、どうして「宗教にはまっている」なんて噂になってしまったのか、気になりますよね。

 

調べた結果、えとう窓口さんがブログに書かれている「夫婦2人、ご利益マニアで日本中の神社やパワースポット巡りをするのが好き」という部分が「えとう窓口の嫁が宗教にはまっている」という噂に発展してしまったようです。

話に枝葉がついていく、というのは怖いですね。

えとう窓口の実家と母親を紹介

優しく、真面目で頑張り屋さんなえとう窓口さん。

そんなえとう窓口の母親はどんな人なのか、気になりますよね。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

実はこの前…。大分から、母が富津に来てくれました\(^-^)/福之助のお誕生日のお祝いのために!!お母さん、ありがとう!!

えとう窓口(江藤嘉洋)さん(@madoguchi_eto)がシェアした投稿 –

 

えとう窓口さんの母親は、チャーミングで優しい方とのことです。

お父さんのお顔は見ていないので、分かりませんが、写真を見ると顔がよく似ているように思います。

 

えとう窓口のお父さんは、新聞屋さんを営み、一家を支えていた方だったそうです。

この頃は比較的裕福な暮らしをしていたそうです。

 

えとう窓口さんのお父さんは、明るく面白い方で「お笑いの道に進んだのは、お父さんのおかげ」とえとう窓口さんは、えとう窓口さん自身のブログで語っています。

 

しかし、1990年頃…えとう窓口さんが17歳くらいの時に病気により他界しています。

えとう窓口さんのお父さんが他界してから、借金が判明し、その後は実家を引っ越して、貧しい暮らしがスタートしたそうです。

お風呂も壊れていたため、青いポリバケツを代わりにして入っていたそうです。

 

そんな中、一生懸命に育てて、支えてくれた母親ですので、きっと優しいだけでなく、しっかりしている方なのでしょうね。

 

 

えとう窓口の母親が住んでいる実家は、「劇的ビフォーアフター」で2回に分けて壁やお風呂などをリフォームしてあります。

 

しかし、全体的にガタがきており、今えとう窓口さんが暮らしている千葉にて「劇的ビフォーアフター」の企画で安い中古住宅を購入し、リフォームしています。

えとう窓口さんは、費用を浮かせるために芸人仲間に力を借りて、匠:柴田達志さんにも助言を受けつつ一生懸命にとりくんでいました。

 

実家完成時には、えとう窓口さんの母親は、涙を流して喜んでいました。

将来的には、現在えとう窓口さん夫婦が住んでいる実家に一緒に住む予定とのことです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、大分県出身の芸人「えとう窓口さん」の基本プロフィールや供、実家と母親に関してまとめてみました。

 

今後、どのような展開がえとう窓口さんやご家族に待っているのか、今後の活躍にも注目していきたいですね。