注目キーワード
  1. ドォーモ
  2. 福岡カフェ
 

えとう窓口の嫁と子供|宗教の噂!実家と母親を調査!

「Wエンジン」のチャンカワイさんの相方のえとう窓口さん

えとう窓口さんは、九州朝日放送の「前川清の笑顔まんてんタビ好キ」で前川清さんと共演していて、今では、すっかりおなじみになってきましたね。

 

「前川清の笑顔まんてんタビ好キ」の放送でも以前は、テレビに映った地元の方から「チャンカワイの相方の人」というワードをよく聞いていました。

しかし、1・2年前くらいから、「えとう窓口さん」と名前が出てくる方が増えてきたように思います。

 

すぐにはわからないけれど、じわじわとクセになる魅力を持っているえとう窓口さん。

 

えとう窓口の嫁と子供がいて、とっても可愛いのは知ってvいましたか?

 

えとう窓口のお嫁さんが宗教にハマっているという噂の真相。

実家と母親についても紹介します。

えとう窓口のプロフィール

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

タビ好キ新年会にて。前川さん、今年もよろしくお願い申し上げます!!

えとう窓口(江藤嘉洋)さん(@madoguchi_eto)がシェアした投稿 –

えとう窓口さんは、「Wエンジン」をチャンカワイと組む芸人さんです。

名前:えとう窓口

本名:江藤嘉洋(えとうよしひろ) 

年齢:46歳(2019/11/21時点)

生年月日:1973年4月23日(おうし座)

出身地:大分県

学歴:拓殖大学政経学部政治学科(学生自治会副会長を務める)、吉本総合芸能学院(NSC)

所属:ワタナベエンターテインメント

趣味:温泉巡り、地図を見ること

保有資格:公民科教員免許、温泉ソムリエ、「別府八湯温泉道表泉家八十八湯」名人、おんせん県おおいたおもてなしサポーター、小型車両系建設機械(整地等3t未満)運転特別教育修了証(=フォークリフトの運転資格)、アーク溶接特別教育修了証

主な出演番組:九州朝日放送「前川清の笑顔まんてんタビ好キ」、大分朝日放送「れじゃぐる」

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ワタナベエンターテインメント

「えとう窓口」という芸名は、ネプチューンの名倉潤さんが名付け親だそうです。

名前の由来は「役所の窓口のおじさんのように真面目」とのことです。

真面目さとユニークさを併せ持つ、すてきな芸名ですね。

 

おうし座の方は、地の属性を持っている方と言われています。

この属性の方は、じっくりと物事を粘り強く進めていく方や大器晩成型の方が多いと云われています。

また、優しくて、長期的に物事を見て行動するようなしっかり者の方も多いそうです。

 

えとう窓口さんの真面目さや優しい面、じわじわとクセになる魅力を持っている面は、なんだか星座にも表れているような気がしてしまいます。

 

えとう窓口の嫁と子供が可愛いと話題!

えとう窓口さんは、9歳年下のお嫁さん(一般女性)と今年1歳になる子供さんを持つ芸人さんです

お嫁さんはどんな方なのか、どのような出会いだったのか?

子供さんはどんな子なのか、気になりますよね。

 

えとう窓口さんのお嫁さんとの馴れ初めや子供さんのことについてまとめてみました。

お嫁さんについて

えとう窓口さんのお嫁さんは、一般女性で女優の柴崎コウさん似の美人さん。

基本顔出しNGですが、一回だけ「新婚さんいらっしゃい」に出演されています。(こちらでえとう窓口さんのお嫁さんの顔が確認できます。)

 

お嫁さんは、優しそうですし、とても美人な方ですよね。

撮影はえとう窓口さんもお嫁さんもとても緊張したそうです。

お嫁さんとの出会い

えとう窓口さんは、『劇的ビフォーアフター』で共演した匠:柴田達志さんに紹介してもらったことがきっかけで知り合ったそうです。

一回目のデートの時、えとう窓口さんの方から、今のお嫁さんに「結婚を前提に付き合いたい」と告白をして交際に発展。

出会った時のことをえとう窓口さんは「相方のチャンカワイさんと出会った時と同じような感覚があった」と話しています。

プロポーズのタイミング

「劇的ビフォーアフター」で現在の自宅なっている実家をリフォームし、その放送を見た後、結婚を決めたそうです。

 

安価で購入した中古住宅をリフォームする企画でした。

費用を浮かせるために芸人仲間に力を借りて、匠:柴田達志さんにも助言を受けていました。

時には、えとう窓口さんの重機関連の資格も役に立ったようです。

 

5ヶ月の交際を経て、結婚に至ったお二人。

いわゆるスピード婚だったお二人ですが、そのプロポーズのタイミングは、出会いと同じく「劇的ビフォーアフター」とかかわりがあるものでした。

なんだか不思議なご縁を感じてしまいますね

 

ちなみに、婚姻届の承認には、相方のチャンカワイさんと二人を引き合わせた柴田達志さんがなったそうです。

子供さんについて

えとう窓口さんの子供さんの名前は、福之助くんです。

第一子が生まれた時は、嬉しそうにブログで紹介していました。

 

えとう窓口さんのツイッターの画像も福之助くんとのツーショットに変更されていて、福之助くんが大好きなのが伝わってきます。

 

2018年4月24日生まれの男の子で、丸いフォルムが可愛らしいです。

生まれた時の体重は3322g

平均が3000g位なので、大体平均、平均よりちょっとふっくらした感じなのかな、という印象ですね。

 

お嫁さんのご実家のご両親も福之助くんが生まれたので、今年、家康公の鎧兜を買ってくれていたそうです。

家族全体で福之助くんの成長を楽しみにしているのが伝わってきますね。

えとう窓口の嫁が宗教にはまっている?!その真相を紹介

えとう窓口の嫁が宗教にはまっている?!その真相を紹介

えとう窓口さんのお嫁さんが宗教にはまっている…という噂がありますが、そのような事実はないようです。

しかし、どうして「宗教にはまっている」なんて噂になってしまったのか、気になりますよね。

 

調べた結果、えとう窓口さんがブログに書かれている「夫婦2人、ご利益マニアで日本中の神社やパワースポット巡りをするのが好き」という部分が「えとう窓口の嫁が宗教にはまっている」という噂に発展してしまったようです。

話に枝葉がついていく、というのは怖いですね。

えとう窓口の実家と母親を紹介

優しく、真面目で頑張り屋さんなえとう窓口さん。

そんなえとう窓口の母親はどんな人なのか、気になりますよね。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

実はこの前…。大分から、母が富津に来てくれました\(^-^)/福之助のお誕生日のお祝いのために!!お母さん、ありがとう!!

えとう窓口(江藤嘉洋)さん(@madoguchi_eto)がシェアした投稿 –

 

えとう窓口さんの母親は、チャーミングで優しい方とのことです。

お父さんのお顔は見ていないので、分かりませんが、写真を見ると顔がよく似ているように思います。

 

えとう窓口のお父さんは、新聞屋さんを営み、一家を支えていた方だったそうです。

この頃は比較的裕福な暮らしをしていたそうです。

 

えとう窓口さんのお父さんは、明るく面白い方で「お笑いの道に進んだのは、お父さんのおかげ」とえとう窓口さんは、えとう窓口さん自身のブログで語っています。

 

しかし、1990年頃…えとう窓口さんが17歳くらいの時に病気により他界しています。

えとう窓口さんのお父さんが他界してから、借金が判明し、その後は実家を引っ越して、貧しい暮らしがスタートしたそうです。

お風呂も壊れていたため、青いポリバケツを代わりにして入っていたそうです。

 

そんな中、一生懸命に育てて、支えてくれた母親ですので、きっと優しいだけでなく、しっかりしている方なのでしょうね。

 

 

えとう窓口の母親が住んでいる実家は、「劇的ビフォーアフター」で2回に分けて壁やお風呂などをリフォームしてあります。

 

しかし、全体的にガタがきており、今えとう窓口さんが暮らしている千葉にて「劇的ビフォーアフター」の企画で安い中古住宅を購入し、リフォームしています。

えとう窓口さんは、費用を浮かせるために芸人仲間に力を借りて、匠:柴田達志さんにも助言を受けつつ一生懸命にとりくんでいました。

 

実家完成時には、えとう窓口さんの母親は、涙を流して喜んでいました。

将来的には、現在えとう窓口さん夫婦が住んでいる実家に一緒に住む予定とのことです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、大分県出身の芸人「えとう窓口さん」の基本プロフィールや供、実家と母親に関してまとめてみました。

 

今後、どのような展開がえとう窓口さんやご家族に待っているのか、今後の活躍にも注目していきたいですね。

えとう窓口の嫁と子供|宗教の噂!実家と母親を調査!
この記事を気に入ったら「いいね!」しよう